見つけてキタ!!北区魅力動画コンテスト2020

各審査員による受賞作品へのコメント

審査員

前田 昌則

大阪市北区長

前田 昌則

最優秀賞
一般投票賞(一般部門)

No;90 『UMEDAのとなり』
投稿者:Ayaka Imafuku

COMMENT 大阪市北区長 前田 昌則

大阪の中心、梅田のすぐとなりにある、普段の暮らしの様子、血の通ったまちの風景を撮影して制作いただいた作品で、見ていると心が温かくなります。
北区の住民の方が何人も登場してくださっていて、皆さんの顔を見て、声を聞いて、感じるのは、北区に暮らす皆さんそのものが、まさに北区の魅力であるということです。
本当に素晴らしい作品でした。

優秀賞(一般部門)

No;85 『大阪市北区写真旅』
投稿者:サトシ

COMMENT 大阪市北区長 前田 昌則

北区の写真映えするスポットで、カメラを構えるシーンが更に映える動画で、同じ場所に行って写真を撮りたくなるような作品でした。
北区役所公式インスタグラムでは、北区の魅力的な写真に「#キタフレ」をつけた投稿を呼び掛けています。
ぜひ、この作品をご覧いただいた皆さんにも、現地に足を運んで、“映える”写真を楽しんでいただきたいと思いました。

優秀賞(スマホ部門)

No;71 『歩キタクなる街』
投稿者:yasucam

COMMENT 大阪市北区長 前田 昌則

北区を実際に歩いているような映像で、北区の非常に広い範囲を歩いて撮影していただいています。大川沿いをはじめあちこちで咲き誇る桜や、日本三大祭の一つ天神祭など、季節の移り変わりに加え、梅田の古い写真からウメキタの完成予想図に映像が流れ、過去から未来へと思いを馳せる作品でした。

見つけてキタ賞(一般部門)

No;31 『北区の神木』
投稿者:あべべ

COMMENT 大阪市北区長 前田 昌則

大都会の中にあるご神木に焦点を当てて紹介していただいており、非常に面白い作品でした。
ビルの谷間や広い道路上、路地の奥など、あれ?と思うような場所に御神木があります。
何百年も前から、その土地に住む人々が信仰し、都市開発が進んだ今も、地元の人たちに大切に守られている、絶え間ない人の営みを再発見することができました。

一般投票賞(スマホ部門)
見つけてキタ賞(スマホ部門)

No;72 『中崎町のえぇところ』
投稿者:天使って呼ばれたい

COMMENT 大阪市北区長 前田 昌則

専門学生の皆さんが作ってくださった作品ということで、若々しい楽しさが溢れ、観ている側も明るく楽しい気持ちになります。
中崎町はレトロなまち並みが魅力で、観光客も多いエリアですが、地元の方にもお話を伺いながら、学生の皆さんならではの視点で、中崎町の魅力を見つけてきてくださったことを嬉しく思います。

前田 昌則

映画監督・TVディレクター

今井 いおり

最優秀賞
一般投票賞(一般部門)

No;90 『UMEDAのとなり』
投稿者:Ayaka Imafuku

COMMENT 映画監督・TVディレクター 今井 いおり

北区の町の人々に寄り添い、生活感溢れる映像群とその人々の生活から生み出す言葉を温かく引き出していて観ていて心も温かくなる素晴らしいドキュメンタリー作品でした。
これからも人々に寄り添い、魅力ある作品を生み出してほしいです。

優秀賞(一般部門)

No;85 『大阪市北区写真旅』
投稿者:サトシ

COMMENT 映画監督・TVディレクター 今井 いおり

非常にハイレベルな映像・編集センスが光る作品でした。
ただただカッコイイ!!

優秀賞(スマホ部門)

No;71 『歩キタクなる街』
投稿者:yasucam

COMMENT 映画監督・TVディレクター 今井 いおり

これまで北区で過ごした時間をギュッと凝縮した濃厚な作品。
記録し続ける大切さを教えてくれる作品でした。

見つけてキタ賞(一般部門)

No;31 『北区の神木』
投稿者:あべべ

COMMENT 映画監督・TVディレクター 今井 いおり

北区という都会でよくぞ神木にスポットを当てていただきましたと思いました。
自転車で移動している時の自転車の音と町の音もいい!

一般投票賞(スマホ部門)
見つけてキタ賞(スマホ部門)

No;72 『中崎町のえぇところ』
投稿者:天使って呼ばれたい

COMMENT 映画監督・TVディレクター 今井 いおり

若さのパワーにただただ圧倒され笑いました。
中崎町で井戸を見つけたら「井戸!井戸!井戸!」と言うようにします。

前田 昌則

株式会社Command C代表・映像作家・Adobe Community Evangelist

市井 義彦

最優秀賞
一般投票賞(一般部門)

No;90 『UMEDAのとなり』
投稿者:Ayaka Imafuku

COMMENT 株式会社Command C代表・映像作家・Adobe Community Evangelist 市井 義彦

ドキュメンタリータッチに見せていて、街だけでなく、そこに息づく人々をしっかりと描けていた。
多くの人にインタビューして、しっかり取材しているのが伝わってきた。
できれば、それぞれの人が喋ってる冒頭少しだけでも、本人の顔出しでコメントが聞けるとさらに良かった。
どんな人がそのコメントをしているかがわかるとより感情移入しやすくなると思いました。
全体的に空気感が素敵だと思いました。

優秀賞(一般部門)

No;85 『大阪市北区写真旅』
投稿者:サトシ

COMMENT 株式会社Command C代表・映像作家・Adobe Community Evangelist 市井 義彦

ビデオグラファーの上級編のような映像だった。
さらにテーマや構成を詰めて、プロとして本当の北区のプロモーション映像を作ってもらいたいと感じました。

優秀賞(スマホ部門)

No;71 『歩キタクなる街』
投稿者:yasucam

COMMENT 株式会社Command C代表・映像作家・Adobe Community Evangelist 市井 義彦

画作りが本物だった。1カット1カットが演出的でクオリティの高い旅番組のカットを彷彿とさせました。
物陰や花をひっかけた構図や、的確なスロー映像が、空気感を研ぎ澄ませていてとてもスマホの映像とは思えないくらいきれいだった。

前田 昌則

映像作家・立命館大学映像学部講師

亀井 伸幸

最優秀賞

No;90 『UMEDAのとなり』
投稿者:Ayaka Imafuku

COMMENT 映像作家・立命館大学映像学部講師 亀井 伸幸

今回の応募作品中では群を抜いていました。
都市・UMEDAのすぐ隣で、袖をすり合わせるように日々の生活を営む人々の思いや人情が映る構成。
地域愛が感じられる素晴らしい作品です。
審査員らしい偉そうな事を言うとすれば、音声により強い個性と共感を得るために、お話をしている人物表情(Lシンクロ)カットがもっと欲しかった。
全ての人の話初めに欲しかったです。
「UMEDAのとなり」の意味を北区に所縁の無い人でも理解できる仕掛けが欲しかったです。
それらがあれば、北区の映像コンテスト作品という前提の無い上映でも大絶賛されるもっともっと素晴らしい作品になると思います。
何にしてもハートのこもった素晴らしい映像作品、好きな作品です!
受賞おめでとうございます!

優秀賞(一般部門)

No;85 『大阪市北区写真旅』
投稿者:サトシ

COMMENT 映像作家・立命館大学映像学部講師 亀井 伸幸

構成、ルック、トーン全てにおいて格好良いです!
梅田の阪急百貨店から淀川右岸から見た北区の都市情景まで、北区のフォトジェニックなロケーションをカメラマンがスチル写真に切り取っていく。
その劇中の撮影行為自体が、ロケ地の紹介にもなっている素敵な作品です。
この作品に、感情としての、言葉やメッセージが込められれば、もっともっと良いなとも思います。
美しいスタイリッシュな作品!
受賞おめでとうございます!

優秀賞(スマホ部門)

No;71 『歩キタクなる街』
投稿者:yasucam

COMMENT 映像作家・立命館大学映像学部講師 亀井 伸幸

中之島の整備された都市景観、公園、大川の水辺、美術館、梅田、レトロな中崎町、天満の人熱などなど、作品全体を通して、北区の魅力あるロケーションが青空と共に溢れています。
冒頭の歩道敷石に映る作者のものと思われる人影が絶妙で、この歩みが、北区の情景を体いっぱいに感じとれるスピードなんだろうなと思いました。
いずれのカットも素晴らしい天候や光線で撮影されていて、このことは日常から北区の様々な場所を歩いている作者だからこそ出来た作品であり、全篇に北区愛を感じました。
素晴らしい!
受賞おめでとうございます!

一般投票賞(一般部門)

No;90 『UMEDAのとなり』
投稿者:Ayaka Imafuku

COMMENT 映像作家・立命館大学映像学部講師 亀井 伸幸

人間関係の構築も含めた、取材、協力、制作準備が必要だったと思われる本作品。
レンズから前に映る人々、空間、会話、その全てを血の通った個性として大切に描き、丁寧に作り込まれた本作品。
だからこそ、本作品に携わった皆、その皆がまたどこかで交わる沢山の地域の人々が、応援したくなる連鎖を生み、本作品にたくさんの票を集めたのだと思います。
作品後半で「住めば住むほどわかるものなんでね…」と語られるメッセージのように、中津をはじめとした、北区に暮らす人々の思いの強さ、地域愛の連鎖が投票につながった、まさに大阪市「北区を応援する力」が感じられる作品となりましたね。
おめでとうございます!

一般投票賞(スマホ部門)

No;72 『中崎町のえぇところ』
投稿者:天使って呼ばれたい

COMMENT 映像作家・立命館大学映像学部講師 亀井 伸幸

作品のこちら側、向こう側、あちこちから笑顔が見えるような楽しい作品です。
本作の中に「今回、地域の方にもたくさんお話を伺いましたが、皆さん明るくて温かかったーっ!」というナレーションがあります。
これは、北区中崎町で暮らす人々の人情や温かさももちろんあるのでしょうが、本作の制作チームである専門学校生の皆さんのキャラクターや人間性が、周囲の人を温かくし、応援してあげたくなったとも思います。
制作チームの人間性が染み出すような楽しい本作品に、たくさんの応援、投票をしたくなる魅力があったのだと思います。
制作者と応援する人の笑顔が感じられる素敵な作品。
おめでとうございます!

見つけてキタ賞(一般部門)

No;31 『北区の神木』
投稿者:あべべ

COMMENT 映像作家・立命館大学映像学部講師 亀井 伸幸

文句なしの「見つけてキタ賞」です。
今回のコンテストでは、見た目が綺麗!面白い場所!的に、北区の様々なロケーションを集めて詰め込んだ、良くも悪くも幕の内弁当的な応募作品が多くみられました。
そんな中で本作は北区に存在する「神木」のみにフォーカスを絞って構成されています。
そのことで、映像の主題が視聴者に伝わりやすく面白い作品になっています。
見せかけの映像テクニックやスキル云々よりも、作者が伝えたいことの明確さが、本作をより良いものにしていると感じました。
視聴者には「北区の神木を見つけに行ってね」なるメッセージにも映っていると思います!
受賞おめでとうございます!

見つけてキタ賞(スマホ部門)

No;72 『中崎町のえぇところ』
投稿者:天使って呼ばれたい

COMMENT 映像作家・立命館大学映像学部講師 亀井 伸幸

審査員として、何も言いたくないくらいに、楽しくて、素敵で好きな作品です。
中崎町のえぇところを、制作メンバーのリレーナレーションでテンポよく紹介していく小気味良さは、映像の良い悪いを超越しています。
また、「どんどん歩いていくと…井戸〜、ここにも….井戸〜」と声を合わせた先に「井戸」の映像を観せるといったように、映像制作の基本を押さえたともいえる画解きの構成が、単に元気で明るいスマホ映像ではなくて、視聴者にわかりやすく楽しい良質なコンテンツになっていると思います。
とにかく楽しく北区な作品です!
受賞おめでとうございます!

前田 昌則

大阪ガス株式会社 近畿圏部 都市魅力研究室長

山納 洋

最優秀賞
一般投票賞(一般部門)

No;90 『UMEDAのとなり』
投稿者:Ayaka Imafuku

COMMENT 大阪ガス株式会社 近畿圏部 都市魅力研究室長 山納 洋

天満、中津、中之島・・・梅田駅から一駅離れた駅にある、好きなことを仕事にして、街を見つめ続けている食堂、中華料理、インド料理屋の店主の視点から大阪市北区を再定義している作品。
インタビューで得た言葉のチョイスのセンスが素晴らしい。
「地域の顔を知っている人たちが、顔を知っている子たちのごはんを作ってくれている」ことへの感謝というインタビューで得た言葉が、この作品の意図をうまく示してくれている。
これらの街に足を運んでみたい、店主と会ってみたいという誘因になる映像として仕上がっている。

優秀賞(一般部門)

No;85 『大阪市北区写真旅』
投稿者:サトシ

COMMENT 大阪ガス株式会社 近畿圏部 都市魅力研究室長 山納 洋

大阪市北区をGoogleで画像検索するところから始まる。
そこで得た情報をもとに、望遠レンズのついたカメラを片手に男は写真旅に出る。
大阪駅、空中庭園ビル、大阪公会堂、中之島図書館、ウチテンマチョウチンドオリ、大阪天満宮、お初天神…そして淀川河川敷からの空中庭園ビルなどの絶景を写真に収める。
完全にプロフェッショナルの仕事で、こういうお題に対してプロとしてどういう手順で仕事をしているかまで伝えてくれている。
この作品は「No.81 Exploring Kita, Osaka」と同じ撮影場所で、同じ音楽(No.81 は音楽の途中からカットイン)。
普段No.81のような仕事をしているチームが、自分たちの仕事を一番カッコよく演出して見せた作品がNo.85だということを暗に伝えている、ウィットの効いた作品。

優秀賞(スマホ部門)

No;71 『歩キタクなる街』
投稿者:yasucam

COMMENT 大阪ガス株式会社 近畿圏部 都市魅力研究室長 山納 洋

京阪なにわ橋駅のエスカレーターを上がると見えてくる中央公会堂、中之島図書館、中之島、そこからグランフロント、中崎町と巡る。
ランドスケープとなる建物のインパクトある映像、早回し、遅回しを効果的に使いつつ、アップテンポなBGMで街の光景を演出。
大阪天満宮の映し方は好み。
天満駅前の夏のギャルみこしが挟まれる時点で、すでに映像を撮っている人だと分かる。
スマホで技術的にここまでできる、という評価はできる。
一方で、アップテンポな曲調に乗せられて、街の表面を撫でているという印象も。

見つけてキタ賞(一般部門)

No;31 『北区の神木』
投稿者:あべべ

COMMENT 大阪ガス株式会社 近畿圏部 都市魅力研究室長 山納 洋

ビルだらけの街・北区に大切に守られてきた神木がいくつもあるという気づきから、神木を紹介。
自転車でのアプローチ、町名を入れ、簡単な解説を加える。
地元の人々がどんな思いでこの木を守り伝えているのか、その思いを取材して伝えればより共感性の高い作品になったのでは。

一般投票賞(スマホ部門)
見つけてキタ賞(スマホ部門)

No;72 『中崎町のえぇところ』
投稿者:天使って呼ばれたい

COMMENT 大阪ガス株式会社 近畿圏部 都市魅力研究室長 山納 洋

大阪の女子専門学校生たちが中崎町の魅力をアップテンポで紹介。
若い子たちが同じ目線の子たちにまちの魅力を伝える、というコンセプト。
カフェ、風情ある町並み、そこで見つけた井戸、白龍大神、銭湯などを紹介。
特に井戸は、ほとんどの人が知らない新たな街の魅力を知り、伝えたいという思いを感じるが、地元の人にいっぱい話を聞いているのに、定休日に銭湯に行くという展開に「面白さ狙いの意図」も感じる。
嫌いではない。